ウクライナの正式名称や国名の由来・語源

ウクライナの正式名称や国名の由来・語源

ウクライナの正式名称や国名の由来・語源

ウクライナが完全に独立したのは1991年のことで、それ以前はソ連に支配されていました。ロシア帝国崩壊後の1917年に、ウクライナはウクライナ人民共和国として独立しましたが、第二次世界大戦の影響もあり、三年後の1920年にソビエト連邦に入ります。その後ソ連の支配は続き、冷戦でソ連が崩壊するまで続きました。そしてソ連崩壊後にようやくウクライナが独立したというわけです。しかしウクライナは独立後一つになったというわけではなく、2000年に入っても一部では紛争が起こっています。

 

ウクライナという名前の由来

ウクライナという名前はウクライナ語からきていて、国境地帯という意味です。ウクライナという地域が確立したのは16世紀のことで、その場所はドニェプル両岸のコサック地帯だと言われています。ウクライナという言葉は16世紀以前にもありましたが、この時からコサックにとって祖国を意味した言語になりました。

 

トップへ戻る