ウクライナの歴史

4〜6世紀頃、東スラブ民族が現在のウクライナの地に移入し、定住し始めたのが、ウクライナの起源といわれています。彼らはやがてキエフ公国(12世紀成立)と呼ばれる国家を形成し、ドニエプル川の交易で繁栄しました。変わりゆくウクライナの支配者しかし独立して栄える時代は長くは続きません。13世紀にはモンゴル帝国に、14世紀にはリトアニア大公国に、16世紀後半にはポーランドに…ウクライナは常に外からの勢力に脅...

ウクライナが完全に独立したのは1991年のことで、それ以前はソ連に支配されていました。ロシア帝国崩壊後の1917年に、ウクライナはウクライナ人民共和国として独立しましたが、第二次世界大戦の影響もあり、三年後の1920年にソビエト連邦に入ります。その後ソ連の支配は続き、冷戦でソ連が崩壊するまで続きました。そしてソ連崩壊後にようやくウクライナが独立したというわけです。しかしウクライナは独立後一つになっ...

年代出来事先史時代約30万年前ウクライナで人類が出現する。12万年前旧人(ネアンデルタール人)が出現する。4万年前新人(クロマニョン人)が出現する。1万年前〜北部の森林地帯、中部の森林草原地帯、南部の草原地帯といった気候地帯が成立。紀元前紀元前6000年新石器時代の始まり。人類が土器や布を作り、農業を開始した。紀元前4000年後半ドニステル川とドニプロ川の間の地域でトルィピーリャ文化が発展する。銅...

トップへ戻る